すぐ学べる幸せなお金持ちになるための、10個の法則

みなさんこんばんは!

宇宙一ついてる大ちゃんです!!

みなさんもっとお金持ちになりたいと思うことはありませんか?

使っても使っても使い切れないほどのお金が湧き出てくるような状態を想像してみてください。でもお金持ちになっても97%の人は幸せを感じられなかったり、人生を転落してしまう人が多いそうです。

なので、今日は僕が調べた幸せなお金持ちになる人のポイントをシェアしたいと思います。

お金にも、健康にも、人にも恵まれ、好きなときに好きな事が自由に出来る。。

そんな人になる10個のポイントを挙げていきます!!

  • お金はゴールではない。お金は必要な程度あればいい。
  • 成功者の習慣を身に着ける(お金の習慣・時間の使い方の習慣・健康の習慣・家族や仲間との習慣)
  • 幸せな成功者になるには収入と働く時間が比例する仕事から抜け出さないといけない。
  • 仕事は3度の飯より好きな事にする。
  • 時代の流れに逆らわない。
  • 自分の人生に関することは全部自分で決めること。
  • 外見を整え、お金を掛けていいものを身に着ける。
  • 世の中で一番大切なのは時間
  • 仕事が先ではなく、仲間が先

お金はゴールではない。お金は必要な程度あればいい

「お金持ちになること」をゴールにしないことがコツ。お金は目標を達成するためのツールであると認識する。

お金を超えたところ(何かを発明して社会に貢献するとか、地域を活性化させるとか、人の便利になる事を手伝うとか、人を幸せにするとか、)を目標にすることが大切

成功者の習慣を身に着ける(お金の習慣・時間の使い方の習慣・健康の習慣・家族や仲間との習慣)

幸せな成功者の口癖は「おれってついてる」。何が起きても運がいいといって思い込んでいる。

成功するためには何かを犠牲にすることが必要だ⇒悪習を断つこと。

簡単にあきらめない。不屈の精神と、やると決めたら行動に即移すこと。

生き金をつかうこと、死に金を使わないことを徹底する。

生き金=自分を成長させてくれること、もしくは資産となりお金を生み出してくれるものを買うお金。 死に金=ただ、そのもの自体が収益を生まない物。(家を買ったり車を買ったりキャバクラに行ったり生産性の無いお金の使い方)

お金を使うこと=お金を増やすこと。=生き金

勉強に投資は惜しまない。何100万でも何1000万でも勉強にお金を使うことは生き金になる。

歴史の本を好む傾向がある。歴史には普遍の法則が記されていることが多い。

1円たりとも無駄にしていいと思わない心。

対価に見合った報酬を支払う(値切りはNG)

いきなり借金をして大勝負に出ない。最初は無理のないスモールビジネスからスタートしている。

幸せな成功者は借金をしない。

お金に感謝を持ち、財布も整理整頓され綺麗に使う。

人生でもっとも最悪なことは、「死ぬこと」もしくは「体が動かなくなる事」

健康にはいくらお金をかけてもいい。

毎日軽くでもいいから体を動かし、汗をかく。

幸せな成功者になるには収入と働く時間が比例する仕事から抜け出さないといけない。

働き方にはサラリーマン(会社員)自営業(独立)経営者(創業者)投資家とあるが、サラリーマン・自営業や経営者の一部までは収入と働く時間が比例することが多い。収入は多くても忙殺されていては人生を楽しめない。自分が働かなくても収入がドンドン増える仕組みを作る必要がある。

「経済の自由」を得るためには会社から入ってくる収入以外に別に入ってくる収入を作らないと自由は得られない。

「不労所得も含めた全体の収入」でお金をとらえる。

株のトレード、為替、ファンド、土地、マンション、アパートの不動産投資。本の印税、発明の特許料、情報商材やアプリのコンテンツ、アフィリエイトと、ネットワークビジネスの権利収入がそれに該当する。

「働かないでも入ってくる収入」を作っていく。

あらゆることが勉強で仕事で、楽しめる遊びと感じる。

仕事は3度の飯より好きな事にする。

大好きな仕事のイメージはパチプロ。朝開店前からお店の前にならんで、開店同時に台に駆け込んで仕事を始めて、お昼ご飯もすぐ食べたら台に戻って打ち始めて、夜も閉店まで台に張り付いて仕事をする。で、また次の日も開店前にならんで、、、そんなモチベーションで仕事をしたらどんな仕事でも成功できる。

嫌なことから先に片付けると何倍もいいことが返って来る。

遊びと仕事の区別がない。

幸せな成功者は例外なく朝早くから起きている。4時台5時台からおきて活動するのが一番活動的になれる。

目覚めてボーっとしているときがクリエイティブなインスピレーションがおりやすい。(潜在意識が優位になっているから)

時代の流れに逆らわない。

時代の変化によって栄える人と没落する人が出てきます。その違いは時代の変化を受け入れ、それにあわせて変わるか変わらないか。

その変化を感じた瞬間に動く早さで成功がぐんと近づく。

自分の人生に関することは全部自分で決めること。

自分以外の誰かに人生の舵をゆだねない。

働いた時間の給料をもらうという従業員の考え方でいる限り誰かの支配から逃れられない。

自分が会社の経営者だという意識で、お金の入る先、出る先を決めること。

自分の収入額は自分で決める。

外見を整え、お金を掛けていいものを身に着ける。

幸せな成功者は家や車には余りお金を掛けない傾向があるが、鞄や靴や時計、服には高いお金を掛けることがある。

特に1流の人は靴でその人のなりを判断される。

幸福な成功者が一番見ているのはエネルギー(オーラ)=明るさ、陽気さ、笑顔

世の中で一番大切なのは時間

忙しすぎて好きな事が出来ずお金も使えないなら、稼ぐ意味が無い。

相手の時間を奪うことに配慮する。

思いついたことはすぐ!!やる!!

忙しいという状況な何かに支配されている状態。

些細な無駄な時間も作らない。

何でも自分でやる必要はない。得意なことを他人にやってもらい報酬を渡すことで、経済が回っているから。

仕事が先ではなく、仲間が先。

常に誰かを楽しませることを考えている。

先に自分から何かを与えられる行動をする。

付き合う人を選ぶ。ポジティブで元気な人と積極的に仲良くし、

不機嫌で愚痴や悪口ばかり言う人を遠ざける。

誰からでも教わる。いいところ悪いところ全て人が見せて教えてくれる。

どんな相手にもギブ&ギブ。

両親にもご先祖様にも感謝している。

最後に幸せな成功者の人たちの特徴を調べてみて、共通だったこと。

【死ぬまでに自分の体を使って社会や世界に貢献をしていこうと真剣に思っていた】

ということでした。

自分のためだけに生きてお金を稼いでなりあがった人は必ず、失敗の人生がまっていることは分かりました。

僕もこのブログを通じて、もっと皆が幸せになれる情報を発信していきたいとおもいます!!

最後まで読んでいただきまして有難う御座いました!!!

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

職業:会社員・ブロガー・コピーライターのパラレルワーカー。株式会社自分の代表取締役 20歳台のどん底時代から、何百万も使って調べてやっと見つけた成功法則を実験し、少しずつ成果をつかみ、やっと幸せだと思えるところまできました。これからさらに大成幸をするまでの軌跡を発信する。