【健康な体が幸せの土台】デトックスで病気の9割は防げる。

こんにちわ!!今日もツイテル大ちゃんです\(^^)/

今日も、自分もみんなもこの人生を幸せに毎日を過ごせる情報発信をしていきます!

本日のテーマは「毒」についてです。

みなさんこの先ずっと健康な体で人生を楽しんで行きたいですよね??

やはり健康な体というのは一番大切なことで、病気をして体が動かなくなったら

人生の輝きというものを味わうことが非常に難しくなりますよね。

なので、自分なりに調べたこの社会で生きていくうえで、覚えておいたほうが良い知識をシェアしますね。

  • 有害物質のことを知り、できるだけ避ける。
  • 有害物質を取り入れにくい体を作る。
  • デトックス(解毒)しやすい体を作る。

①有害物質のことを知る。

体に悪影響を与える物質のことを「毒」といったり「有害物質」といいますが、

誰のからだの中にもおおかれ少なかれ存在します。

そして、完全には避けることはできませんが、極力へらして少しでも毒だしをしていくと健康な体で過ごすことができるようになります。

私たちは赤ちゃんのころから「毒」にさらされている。

赤ちゃんが胎内にいるときから、お母さんの羊水を経由して様々な物質を摂取しており、アメリカの研究では赤ちゃんの体から300種類もの有害物質が検出されたという結果も出ています。

出生後は空気、水、土、衣食住、おもちゃから有害な物質と接するようになります。

大人になり、有害物質の影響はさらに次の世代にも受け継がれていくとの報告もあります。

だからよりよい生活を送るためには有害物質が何に含まれていてどのように避けて、解毒をしていくかという事を続けていく必要です。

特に、食事には気をつけ化学物質にまみれた添加物まみれの食事をしていると、有害物質が体に蓄積され本来の体の機能が働く無くなります。

排泄(排便、排尿、発刊)が上手くいかなくなり、体が酸性に傾いて炎症をあらゆるところで起こすようになり、体の防御機能が機能しなくなり病気になるという仕組みです。

根本的な治療は体の内部環境を改善すること。浄化をすることで体の中の微生物の状態を良くし、悪い微生物を減らすことが大切。

毒の種類

合成化学物質・石油製品・水銀、鉛・カドミウム、砒素・アルミニウムなど。

私たちは日常で上記の有害物質を体に取り入れています。

・水(飲む、シャワーや入浴などで皮膚や肺から)

・空気(大気汚染、鼻や口などから吸う)

・食品(加工食品、添加物、農薬、土壌汚染)

・酒、煙草

・化粧品、シャンプー、ボディーソープ(皮膚や粘膜から)

上記のほうに何気ないものから取り入れてしまっています。

本来は有害物質は尿や便や汗から体外へ出しますが、入った毒を全て出し切れず、蓄積してしまうことに問題があります。

コップにたとえると、ドンドン毒がたまっていき、排泄が充分でないとあふれ出てきてしまう状態が病気であり、がんや、免疫疾患などになります。

コツは極力、人工の食品(添加物まみれ)を避けて、しっかり運動して汗を流して、野菜をいっぱい取ることで食物繊維の力を借りて腸内環境を整え排泄できるようにすることですね。

なんだか、最後の結論はシンプルになってしまいましたが^_^;

もっと勉強して、分かりやすく伝えられるようにブログを続けます!!!

明日も、みんなに幸せなことが起こりますように。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

職業:会社員・ブロガー・コピーライターのパラレルワーカー。株式会社自分の代表取締役 20歳台のどん底時代から、何百万も使って調べてやっと見つけた成功法則を実験し、少しずつ成果をつかみ、やっと幸せだと思えるところまできました。これからさらに大成幸をするまでの軌跡を発信する。